環境保全、社会福祉、社会貢献に取り組む、一般社団法人 北海道CGCみどりとこころの基金のホームページです。

みどりとこころの基金とは

北海道CGCグループは、かねてより地球環境の保全に鑑み、レジ袋の削減に取り組んで参りました。

平成20年度からは各加盟社ごとにレジ袋有料化を順次実施しておりますが、有料レジ袋販売金額を環境保全・環境教育、環境研究機関等に寄付することが、北海道CGCグループ内で平成20年11月に合意されました。

その寄付の受け皿となる「北海道CGCみどりとこころの基金」が、北海道CGCグループ加盟企業10社を会員として平成20年12月19日に設立されました。 平成24年3月1日、当基金への社会的認知の高まりを考慮し、更に中立性と公共性を高めて社会的信用を増すことを目的として、従前の任意団体から『一般社団法人』へ移行しました。

基金の目的

この法人は、環境保全などを目的とする事業、社会福祉を目的とする事業及び社会貢献を目的とする事業に財政的援助を行い、もって豊かな自然環境の形成と潤いと活力ある地域社会の実現に寄与することを目的とする。
(定款 第3条より)

この法人は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. (1)環境保全、環境教育に関することへの助成、及び環境に関する研究機関等への助成
  2. (2)社会福祉に関することへの助成
  3. (3)社会貢献に関することへの助成
  4. (4)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

(定款 第4条より)

基金の活動

清らかな水と大気そして豊かな森林に恵まれた大地・北海道の自然環境。そして、そこで営まれる人々の暮らし。
当基金は、それらの環境保全、社会福祉、社会貢献に取り組む事業に対して、幅広い助成を行います。

基金運営の公正を期するために、外部の有識者も含めた選考委員会を設置し、助成選考に関する諮問を行います。

基金直轄事業として「森づくり事業」に取組んでおり、「北海道CGCの森(17.82ha)」は平成21年に開始し平成27年に完了しました。現在は、「CGC烏柵舞の森(22.72ha)」で実施しています。(平成29年1月現在)

また、基金直轄事業としては「奨学金給付事業」を実施しています。北海道内の母子福祉団体と連携して、平成28年から事業を開始しました。

基金の役員

理事長 横山 清 株式会社アークス 代表取締役社長
副理事長 六車 亮 株式会社道北アークス 代表取締役社長
理 事 猫宮 一久 株式会社ラルズ 代表取締役社長
理 事 福原 郁治 株式会社福原 代表取締役社長
理 事 桐生 宇優 北雄ラッキー株式会社 代表取締役社長
理 事 辻本 哲也 株式会社中央スーパー 代表取締役社長
監 事 野地 武 株式会社ホクノー 代表取締役会長
監 事 井本 逸夫 株式会社北海道シジシー 常務執行役員

基金の会員

※本社所在地
株式会社ラルズ 札幌市中央区南13条西11丁目2番32号
株式会社福原 帯広市西22条北1丁目13番地
北雄ラッキー株式会社 札幌市手稲区星置1条2丁目1番1号
株式会社ホクノー 札幌市厚別区もみじ台北7丁目1番2号
株式会社道北アークス 旭川市流通団地1条1丁目33番地の1
株式会社中央スーパー 留萌市錦町3丁目1番33号
株式会社道東アークス 北見市卸町3丁目3番地3
株式会社道南ラルズ 函館市港町1丁目2番1号
株式会社東光ストア 札幌市白石区東札幌1条1丁目1番7号

※順不同

お問い合わせ先

事務局長:谷口哲也(株式会社北海道シジシー 執行役員総務部長)
電話:011-813-3481 FAX:011-813-8511